%H1Head%

東京の探偵イメージ

ブログに気分的に落ち込んでること、解決策ってどう見つければいいんだろうと、昔泣き言を書いたことがあった。その理由は、相手の見えない、いたずら。その時ブログ友達から、気になるコメントを貰った事がある。「もしかしたら、探偵に調査してもらえば解決するんじゃない。」探偵に調査。誰だかわからない犯人を、探偵に見つけてもらう。自分だけでは思いつかなかった。これが私の探偵を身近に感じるきっかけになった。

探偵に付きまとうのは、ダークなイメージ。これは扱ってるものが個人のプライバシーにかかわるものや隠しておきたいことに関係するため、良い噂や良い評判の出にくい内容の仕事を行っているからです。また、事件やなにかに探偵が絡んでいるとニュースに取り上げらるので、ダークな印象だけが、人の意識の中に残ってしまいます。しかし、悪徳業者や問題を起こす者は、ごく少数しか存在しません。しかし、安心は禁物。探偵に調査依頼をする場合は、よく吟味することが大事なんだそうです。

何か商品を買う時、人にはそれぞれ好みがある。大手ブランドの商品を買えば安心するタイプと、名前はそんなに知られていないけれど、職人気質で、製品にはオリジナリティと個性があるものを選ぶタイプ。大手は名前が知られている分変なことはできない安心感はあるけれど、母体が大きければその分経費もかかり、ネームバリュー代も乗り、必然的に高い設定になる。職人気質のものは、少数店舗で製品にコストは掛けても経費は圧縮するので、商品に見合った代金、つまり平均的な値段で落ち着く。平均より離れて高いもしくは、低すぎる料金設定には、必ず何らかの理由がある。見積もりを比較すること。それだけで見分ける1つの手段になります。

探偵に依頼する前に、まずは探偵の情報を収集しておくことが大切。たとえば選ぶにしても、何を基準にして選べばいいのか。また平均的な料金、そして、数社の料金設定。ここまで知っていれば、問題が起こったとしても、慌てることはないのじゃないでしょうか。優良な探偵を事前に知っておくことで、トラブルに巻き込まれそうになっても、慌てることがないんじゃないかと考えられます。